硬貨

初投資でもトーシンパートナーズの不動産なら安心

転勤中の自宅で家賃収入を

インテリア

貸し出し期間が設定可能

会社勤めをしている場合では、異動により転勤が掛かることもありますが、その間自宅が空き家になるケースも少なくありません。しかし、リロケーションを行いますと、空き家となる自宅を有効活用できます。リロケーションは、一時的に持ち家を賃貸住宅として他人へ提供することです。家賃収入が発生しますから、留守中の住宅ローンへも充当できるため、人気の活用方法になっています。そして、リロケーションでは定期建物賃貸借契約を交わして自宅を貸すことが特色です。この契約方法には2年ごとの更新がありませんから、最初に決めた期間のみ貸し出せるようになっています。そのため、取り決めた契約期間が満了した段階で、入居者は出て行くことが義務付けられています。

家財道具は搬出しましょう

留守中の自宅をリロケーションで貸し出す際は、家財道具類を搬出することが一般的です。家具付き物件として、家具を残したまま賃貸にすることも不可能ではありませんが、借り手が付きにくくなりますから、リロケーションでは避けた方が賢明です。ですからエアコンなどのほかは、レンタル倉庫などを借りて預けておきましょう。一方、定期建物賃貸借契約では契約期間が終了した時、入居者はその物件から出て行かねばなりませんが、契約期間が切れる案内を事前通達するなど、貸し主側が正しい手続き行っていることが大前提になっています。そこで、もしもそれらの手続きが面倒であれば、リロケーションの取り扱い業者に委託すると便利です。その場合、期限切れの事前案内はもとより、入居者の募集や家賃の徴収など、煩わしい作業をすべて任せられます。